笑顔の女性

巷で話題の埋没法で理想の目|キュートな目元も思いのままに実現

手術の特徴と注意点

案内

手術をしたあとの注意事項

埋没法はプチ整形ですが、手術である以上は注意点が沢山あります。特に注意したいのが埋没法の手術をしたあとです。手術をする前に手術後の注意点が記載されたプリントが渡されるので、それによく目を通しておくことが大事です。基本的に手術当日は目もとを濡らさない範囲で洗顔やシャワーができます。手術の翌日や翌々日からポイントメイクができます。内出血が出ている場合は、ポイントメイクでカバーできます。ただし、メイクを落とすときは、強く擦らないように注意をする必要があります。コンタクトレンズは手術の3日〜7日後から使用できます。コンタクトをはめたり外したりするときも、まぶたを強く押さないように気を付けることが大切です。

ぱっちりした目元になる

埋没法は一重まぶたを二重まぶたにする美容整形です。生まれつきの一重や奥二重を、華やかな二重まぶたにすることができます。一重が二重になるだけでも、外見の印象がまったく違ってきます。埋没法は10分程度の手術で外見をがらりと変えることができる、人気のプチ整形です。埋没法は糸の結び方や結ぶ数などによって、手術費用が異なります。一点法は、一点だけで糸を止める最も簡単な埋没法で、1万円〜5万円程度で出来ます。二点法、三点法、四点法と、糸の数が多くなるにつれて手術費用が高くなっていきます。基本的に止める数が多いほど丈夫になり、一重に戻りにくくなります。また、点数が多いほどナチュラルな二重のカーブが作れます。